マンション売却 東京

トップページ

一括査定のススメ

査定・費用について

マンションが売れないとき

売却時の豆知識

東京で夢のマンション購入をしたのはいいけど…

様々な事情で売却しなければならない状況に・・・。

家族が増えて家が狭くなってきた。
ご近所さんとのゴタゴタ。
子供がみんな出ていき、夫婦2人で住むには広すぎる。
住宅ローンが苦しくなってきた。

などなど、様々な理由があるのではないでしょうか?
さて、そんな状況になった時、まず何をしますか?
自分の家がいくらで売れるのか、不動産屋さんに見積もりを出してもらう必要がありますよね。
でも、1社だけですか?

おすすめの一括見積もりサービス


イエウール

1分で見積もり依頼は完了!450万人以上の方が利用している人気サイト。
スマイスター
任意売却、不動産投資、賃貸管理など、目的に合った見積もり依頼が出来ます。

イエイ
悪徳企業は徹底排除されるので、安心して利用できます。お断り連絡も代行。

マンションはどのように売却するのがいい?

マンションを売却するときは、不動産会社などの仲介業者に依頼して契約を結ぶのが一般的です。仲介業者に買主を探してもらって、全て任せるのが一般的な流れとなっています。

ですから、マンション売却を始めるなら、まずは契約を結ぶ不動産会社などの仲介業者を探さなければいけません。

現在主流となっている仲介業者を探す方法は、一括査定サービスを使う方法です。

一括査定サービスを使うと、一度に複数の仲介業者から見積もりを取ることができます。複数の見積もりを比較するのは、仲介業者を決める大事なポイントです。

見積もりの価格差は、200万円や500万円以上になることも?!

そもそも中古のマンションには、定価は存在しません。一定の相場があって、そこに築年数や状態などを加味して、中古マンションの販売価格は決められています。ですから、仲介業者が提示する見積もりも、業者ごとに差が出てきます。相場よりも高い見積もりを出す仲介業者もあれば、反対に低く見積もる業者もあるのです。

見積もりの価格差は、200万円や500万円以上になることも珍しくありません。
所有するマンションを少しでも高く売却するなら、見積もりの比較は絶対にするべきポイントです。ただし、見積もりを比較するときは、提示された査定価格だけを見てはいけません。

担当者の対応もポイント

計画や担当者の対応も、仲介業者を決めるためのポイントです。
仲介業者が示した計画が杜撰だと、思い通りにマンション売却をすることができません。
たとえば、最初に相場よりも高い価格で売り出した場合、なかなか買主が見つかりません。
その結果、販売価格を下げてしまうことになり、当初の計画に狂いが生じます。
また、当初の販売価格より大幅に値引きされているマンションには、買主は良い印象を持ちません。
なにか問題があるのではないかと勘ぐられてしまい、買主が寄りつかない結果になります。

仲介業者が綿密に計画を立てていると、スムーズに買主を見つけてくれます。売主の計画にも狂いが生じないので、予定していたとおりの利益を得られますし、スケジュールどおりにマンションを手放すことができるでしょう。

丁寧に根拠を示して計画を説明する仲介業者なら、信頼することができます。仲介業者の担当者とは、最初に依頼をするときから買主に引き渡すまで、長期間ともに行動しなければいけません。担当者が信頼できない不満を持ってしまうので、しっかりと対応する仲介業者を選びましょう

マンション売却の仲介契約は、ポイントに気を付けながら業者に依頼しましょう。