マンション売却 東京

トップページ

一括査定のススメ

査定・費用について

マンションが売れないとき

売却時の豆知識

東京で夢のマンション購入をしたのはいいけど…

様々な事情で売却しなければならない状況に・・・。

家族が増えて家が狭くなってきた。
ご近所さんとのゴタゴタ。
子供がみんな出ていき、夫婦2人で住むには広すぎる。
住宅ローンが苦しくなってきた。

などなど、様々な理由があるのではないでしょうか?
さて、そんな状況になった時、まず何をしますか?
自分の家がいくらで売れるのか、不動産屋さんに見積もりを出してもらう必要がありますよね。
でも、1社だけですか?

おすすめの一括見積もりサービス


イエウール

1分で見積もり依頼は完了!450万人以上の方が利用している人気サイト。
スマイスター
任意売却、不動産投資、賃貸管理など、目的に合った見積もり依頼が出来ます。

イエイ
悪徳企業は徹底排除されるので、安心して利用できます。お断り連絡も代行。

早期売却を考えたほうがいいマンションって?

マンションには売り時というものがあり、いずれ売ることを考えた場合にはタイミングを計ることが重要ですが、中には早期売却を考えた方がいいマンションもあります。

その特徴ですが、まず1つ目のポイントが築年数が15年以上であるということです。マンションの理論上の耐用年数は30〜50年といわれていますが、購入する側の心情からいえば新しければ新しいほどいいというのが一般的です。そのため、築年数が15年以上にもなると、少し購入をためらってしまう年数といえるのです。

マンションの資産価値の減少

2つ目のポイントは資産価値の減少が著しいということです。一般的にマンションの資産価値は、5年で2割減、10年で3割減というように築年数から減少していくものですが、中には平均的な減少率よりも早く資産価値が下がっていくようなマンションがあります。

人口減少や周辺商業施設の撤退など理由は様々ですが、このような兆候がみられた場合には、早めに売り抜けなければいつまで経っても売れずに持ち腐れてしまう可能性が出てくるのです。

駐車場がないマンションも注意

3つ目のポイントは、駐車場が確保できない物件です。昨今は車を持たないという方も増えていますが、やはりファミリー層には車はいまだに欠かせないものといえます。

そのため、ファミリー層向けのマンションの場合、駐車場が確保できないということは大きなマイナスポイントとなりますので、懐胎という人がいた時に早めに売ってしまうことが重要となるのです。

総世帯数の多いマンションも。

4つ目のポイントは総世帯数が多いマンションです。これは単純に総世帯数が多いと同じ物件を売りたいと考える人が多くなる可能性があることが理由です。特に同じ時期に入居した方が多いようなマンションの場合、そろそろ売却をと考える時期も重なりやすく、ライバルとなってしまうのです。
ライバルが増えるとそれだけ売却価格も下がってしまうので、売却をするのであれば一足早く動いたほうがよいといえるのです。

またこうしたことに加えて、もし持っている物件が低層階であった場合、さらに不利な条件となってしまいます。なぜなら、マンションは基本的に高層階になればなるほど価値が高くなるからです。もともと、不利な低層階の場合、ライバルが増えるとより一層の値下げをしなければ買い手がつかなくなってしまうのです。

売り時を見計らうのが重要なマンション売却ですが、このようにマイナスとなるポイントが多いのであれば、タイミングよりも早期売却を考えて動き始めた方がよいといえるのです。