マンション売却 東京

トップページ

一括査定のススメ

査定・費用について

マンションが売れないとき

売却時の豆知識

東京で夢のマンション購入をしたのはいいけど…

様々な事情で売却しなければならない状況に・・・。

家族が増えて家が狭くなってきた。
ご近所さんとのゴタゴタ。
子供がみんな出ていき、夫婦2人で住むには広すぎる。
住宅ローンが苦しくなってきた。

などなど、様々な理由があるのではないでしょうか?
さて、そんな状況になった時、まず何をしますか?
自分の家がいくらで売れるのか、不動産屋さんに見積もりを出してもらう必要がありますよね。
でも、1社だけですか?

おすすめの一括見積もりサービス


イエウール

1分で見積もり依頼は完了!450万人以上の方が利用している人気サイト。
スマイスター
任意売却、不動産投資、賃貸管理など、目的に合った見積もり依頼が出来ます。

イエイ
悪徳企業は徹底排除されるので、安心して利用できます。お断り連絡も代行。

不動産業者(仲介業者)を変えたほうがいいタイミング

不動産業者はその道のプロですので、素人が行うよりも遥かに効率よく、不動産売買を行える実力を持っています。不動産を売却したい、購入したいという際の、頼もしい仲介役になってくれます。

ところが、不動産業者と契約したものの、思うように不動産が売れてくれないといった問題が発生することもよくあります。

不動産売却の場合には時間が経過するほど、いつまでも売れない物件だと購入希望者から判断されるようになり、ますます売れなくなる危険が増します。このような場合には、不動産業者を早めに変える判断をするのがよいといえます。

不動産業者を変更するタイミングって?

不動産業者を変更するタイミングについてですが、一般媒介契約であれば、契約期限が訪れるまで放置していても構いません。一般媒介契約だと複数の業者と契約が結べますので、放置しておいても特に問題など発生しません。仲介手数料は不動産が売れた時に発生するものですから、放置している間に支払いを求められるようなこともありません。

コミュニケーションを頻繁にとってくれる不動産業者は、熱心に業務を行っていると判断できます。一方で、ほとんど連絡がなく、依頼者の方から連絡しなければ反応してくれないようなところは、コミュニケーションが十分とれない業者だといえます。

一般媒介契約の場合だと、あまり熱心に活動しない不動産業者もいますので、専属専任や専任にて契約する不動産業者に切り替える検討をしてみてもよいでしょう。電話やメールだけでなく、直接依頼主の元に訪問して経過報告をしてくれるような業者はとても丁寧で、信頼できるといえます。

不動産の売却を希望する場合に、頻繁に買取をすすめてくる業者には注意しましょう。買取とは不動産業者自らが、不動産を買い取ってくれる方法です。すぐに売れますので、売り主としてはメリットがありそうですが、実は買取の場合には、買い主があらわれるまで不動産を公開する方法に比べると、低い価格になることが多くなっています

一般的な売り方と比べて、70%から80%くらいの価格まで下がってしまうことが目立ちます。不動産物件の価格が高いほど差が広がりますので、損をするようになります。逆に不動産業者としては、安く物件を購入できるチャンスです。

できるだけ高く売りたいと考えている人であれば、このような不動産業者の利用は避けるのが無難です。自然に契約が切れるのを待つか、すぐに契約を解除してしまっても構いません。