マンション売却 東京

トップページ

一括査定のススメ

査定・費用について

マンションが売れないとき

売却時の豆知識

東京で夢のマンション購入をしたのはいいけど…

様々な事情で売却しなければならない状況に・・・。

家族が増えて家が狭くなってきた。
ご近所さんとのゴタゴタ。
子供がみんな出ていき、夫婦2人で住むには広すぎる。
住宅ローンが苦しくなってきた。

などなど、様々な理由があるのではないでしょうか?
さて、そんな状況になった時、まず何をしますか?
自分の家がいくらで売れるのか、不動産屋さんに見積もりを出してもらう必要がありますよね。
でも、1社だけですか?

おすすめの一括見積もりサービス


イエウール

1分で見積もり依頼は完了!450万人以上の方が利用している人気サイト。
スマイスター
任意売却、不動産投資、賃貸管理など、目的に合った見積もり依頼が出来ます。

イエイ
悪徳企業は徹底排除されるので、安心して利用できます。お断り連絡も代行。

売却の際、タワーマンションで大事なのは眺望!?

マンションを購入する時には、立地も大事ですが、どういった特徴のあるマンションを選ぶかということも大事です。

良い物件に住むことができれば、住んでいる時に快適なのはもちろんのこと、売却をするとなった時にも反応が良いため、早く売却できることがあるものです。

例えば、マンションの種類の一つにタワーマンションというものがありますが、高層階からの眺望というのが大きな魅力となっていて、不動産サイトでひときわ目立つ存在となっているものです。

なお、このタワーマンションという呼称ですが、よく不動産サイトなどでマンション情報をチェックしている人は、すでに聞き慣れているでしょう。しかし、実際にどういったマンションのことをタワーマンションと呼ぶのか、いまいちわからないという人もいるのではないでしょうか。

タワーマンションとは?

タワーマンションというのは、超高層マンションと呼ばれることもありますが、そう呼ばれるだけあって、かなりの高さがあるのが特徴です。実は、法的な定義というのはないのですが、建築基準法の中で定められているものによると、高さが57メートルを超える建築物に対して使われる呼称です。

タワーマンションの中には、高さが100メートル以上あるものも結構ありますが、そこまでいかなくても、十分タワーマンションと呼べるわけです。前述したように、これだけの高さがあるため、高層階からの眺めというのは、かなり魅力的で、それが資産価値にもつながるものです。ですから、売却の時には有利なポイントとなるものです。

ただし、同じ階数であっても、立地が違えば見える景色は当然違ってきますから、そういったことも意識して、立地選びを重視しておくのも良いものです。ちなみに、タワーマンションの場合には、見た目の豪華さだけでなく、建物内部の設備にも豪華さが感じられることがあるものです。

タワマンは設備の豪華さも+に働く?

パーティールームやゲストルームなど、ホテルのような居住者用の共用スペースが色々とついていることがありますから、かなり特別感を味わいながら生活することができるものです。こういった魅力的な設備の数々というのも、物件にとっての大きな付加価値となり、売却の際に目を引く良いアピールポイントとなります。

このように、色々な魅力があるタワーマンションですが、高層階だと窓を開けられなかったり、開けられるとしても風が強いため閉めておかなければならない場合もあります。窓を通して飛び込んでくるのは、素晴らしい景色だけでなく、強風といったデメリットも。
とは言え、20階や30階を超えるような高さからの眺望というのは、かなり魅力的です。眺望を意識しつつ、立地や設備面なども重視して、バランスの良い物件が選べると、売却の際にも良い反応が期待できることでしょう。